検索
  • PXG TOKYO

PXG 0311GEN1と0311GEN2 #1


4月19日に発売したPXG 0311GEN2アイアンと前作の0311アイアンはどこが変わったのか、今後何回かに分けて、ご紹介していきます!

こちらが新しい0311GEN2のラインナップとバックフェース側の写真です。


そして、こちらは前作0311(GEN1)です。


GEN2はT・P・XF・SGIの4モデルです、前作からSGIが追加されましたね。Pは前作の無印0311の後継モデルです。

このGEN2は以下の8つの項目を前作よりも上回らなければ発表されることはなかったそうです。

・遠くへ飛ばせる飛距離性能

・速いボール初速

・より高い打ち出し

・適正なスピン量

・最高ボール到達点をより高く

・ボールの着地角度をより鈍角に

・方向性の向上

・芝とのコンタクトの向上

これらに具体的な数値目標を設定し、クリアしたことでニューモデルとして発表されるに至ったとのこと。

1番の変化はヘッド内部の素材を変更したことでしょう。前作ではTPEというエラストマー素材を使用していましたが、GEN2では『COR2』というポリマー素材になりました。

この『COR2』はPXG社が1から開発した新素材で、この素材のおかげでフェース面を極限まで薄くすることができました。このフェース面は『WORLD`S THINNEST FACE』その厚みはなんと1.5mmです。

TPEからCOR2に変えて、フェース面を薄くしたことによって約0.45m/s〜約0.9m/sボール初速が速くなったそうです。



ボディの素材はS25Cから8620に変更し、COR2との効果も相まって前作より更にソフトな打感を実現しています。フェース素材は変わらずHT1770マレージング鋼ですが、とても極薄のマレージングがフェース面に搭載されているとは思えないくらい打感がソフトです。

今回の記事でご紹介したGEN1からGEN2への変更点をまとめると・・

・ヘッド内部の素材を変更した

・フェース面がさらに薄くなった

・ボディの素材も変更した

これら、特にヘッド内部の素材変更とフェース面を薄くしたことによって飛距離性能が上がったようです。

では、また次回その他の変更点をお伝えしていけたらと思います。

GEN2をフィッティングご希望の方は是非当店まで!

お問い合わせお待ち致しております。

#PXG

0回の閲覧

PXG TOKYO FITTING STUDIO

PXG東京フィッティングスタジオは

六本木の東京ミッドタウン横、パークサイドシックスにあります。

〒107-0052 東京都港区赤坂9-5-12パークサイドシックスB1
TEL : 03-6459-2201
E-MAIL : info@pxgtokyo.jp